読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものばかり

すきなもののことを書いてます。NY、Broadway、海外ドラマ、大作映画が中心になる予定。そんな難しいことは書けないし、記事は常に進化してます(加筆修正よくする)

トニー賞コンサート in TOKYOに行ってきた

去る3/18、トニー賞コンサート in TOKYOに行ってきました。

www.wowow.co.jp

 

去年のトニー賞直後に開催が発表され、誰が来るんだ…とドキドキしてたら発表されたのがこの2人!

f:id:megmientus:20170322013030j:plain

ケリー・オハラ&マシュー・モリソン

 

gleekな私にとってはマシューが来るだけでもとんでもないのに、ここ数年でブロードウェイ沼にハマりつつある身としてはケリー・オハラが!来るなんて!!!!っていうか、井上芳雄も出るとかチケ戦争やばいな!!!と狂喜乱舞でチケットを必死で確保した2016年。*1

 

ついに先日行ってまいりました。いや~感謝の3時間だった。いつもだったらこちらからあちら(NY)に行かなければならないところを、来てくださって、行きなれた国際フォーラムで聴かせてくれるわけですよ。しかもブロードウエイ(の良い席の正規価格)よりはるかに安い1.3万円で!!!!感謝しかない!!!!

 

2人とも自分の出演作の名曲はもちろん、数々のミュージカル作品の名曲もたくさん歌ってくれた最高のセトリで、本当に「ごちそうさまです…ありがたや…感謝しかない…」という状況だったのですが、その中でもわたし的ベストを上げます。

 

まず、マシュー・モリソン編。

 

正直、gleeの男性キャストはフィン(コリー・モンテス)、カート(クリス・コルファー)、ブレイン(ダレン・クリス)の3人が私の中の3TOPで、シュー先生はタイプではない…っていう状態だったけど、実際に聴いたらやばかった。マジでかっこよかったし、歌うまかった(当たり前)CDやgleeで披露していたものがそのまま目の前で繰り広げられてるすごさ。「え?CD流してる?」ってくらい完璧だった。

 

1.Sway

gleeの中からはDon't Stop Belivin'はやるだろうなって思ってたけど、この曲は、まさかの1曲!Sway!!!!!!!!!!!!

 


GLEE "Sway" (Full Performance)| From "Furt" ←このサブタイも最高。

 

シーズン2 第8話 カートパパとフィンママの結婚式エピソードで披露されたこの曲。私このエピソード、めっちゃ好きで。glee全121エピソードの中でもTOP5に入るくらいなんです。「Sway」は、結婚式後のパーティでの新郎新婦の初ダンス時の曲。めちゃくちゃセクシーでかっこいい一曲。これをダンスの苦手なカートパパが踊ってるのがまたいい。そして、この後のフィンによる「Just the way you are」がまたいい!もちろん挙式の入場曲「Marry Me」も!!!だからエピソード自体がすきなんだってば!!!!

 

そんなエピソードから且つシュー先生パフォーマンスの中でも最高にかっこいいと思っている1曲をやってくれたので曲が始まった瞬間息を飲んだよ・・・最高だった・・・ありがとう、最高のセトリをありがとう・・・

 

2.Singing in the Rain

はい、みんな大好き雨に歌えば。名曲中の名曲ですし、gleeでもマッシュアップだけどマシューがパフォーマンスしてます。

 


GLEE - Singing In The Rain/Umbrella (Full Performance) (Official Music Video)

※もちろんこんな雨をザンザカ降らしたパフォーマンスではなかった。

 

Swayみたいなセクシーな曲もいけるのに、これみたいなド定番も魅せられるってどういうこと!?なんでそんな何の変哲もない傘をあんなに素敵に使えるの!?!?ってなった。あと何かの曲でマイクスタンドもめちゃくちゃかっこよく使ってたな・・・

 

3.Hairsprayメドレー

リンクとして出演していたマシュー。「7分でストーリー見せるね!(うろ覚え)」と言って「Mama, I’m a Big Girl Now」から始まった怒涛のメドレー。歌い踊るマシュー!圧巻!なんという贅沢なHairspray!少し前にやっていたHairspray LIVEを見返したくなったな~歌いきって倒れこむマシューもキュートでした。そんな姿以外にも、常に何かをしないと、言わないといられないサービス精神旺盛なマシューには感謝しかない。

 

続いて、ケリー・オハラ。

今回、マシュー・モリソンにもグッと魅せられたけど私はケリー様の方に断然惹かれた。なんという美しいソプラノ!第一声に息を飲んだ。女神かと思った。歌ってくれた曲も、名曲だらけ。マシュー同様、「え?CD流してる?」ってくらい完璧だった。

 

1.Shall We dance と Getting to Know You

もう、これですよ。これを期待して来ましたよ。ありがとう、ありがとう。トニー賞授賞式再び。

 


The King and I Performance Tony Award 2015 

※謙さんの「Come・・・」でfu~ってなる気持ちわかる

 

世界のケン・ワタナベも出てたので観にいきたかったけれどいけなかったので、ここ、東京で聴けて本当にうれしい。この2曲の間には謙さんからのメッセージもあってトキメク日本人。*2Shall~では謙さんの代わりにマシューと踊ってくれてそれも美しかったです。ありがとう。

あ、Getting~は一部日本語で歌ってくれてました。これもありがとう。*3

 

2.I could have dance all night

本編ラストにやってくれたこの一曲。ラストにふさわしい。本当にこの歌詞のような気持ち。この気持ちのままなら眠れないし、一晩中踊ってられるくらい、最高に幸せな気持ち。ありがとう。

 

3.To build a Home

実は「マディソン郡の橋」はミュージカルのほうは全然知らず、当然この曲も初めて聴きました。でも、とてもとても美しくて、胸がキュゥゥゥゥっとなった。ありがとう。

 

4.Sound of Music

はい、みんな大好きSound of Music。曲紹介されて、イントロ流れて、歌いだすケリー。はいもう思ってた通りの美しさーーーーーーー!!!ありがたさーーーーー!!ケリー・オハラのミュージカル名曲アルバムとか出してくれないかな、ほんと。

 

そして、2人のデュエット!「Say it Somehow」

作品を見たことの無いわたしはネットの波にのって予習をしていきましたよ。ミュージカルファンの皆様が期待していたこの1曲。すばらしかった・・・ケリー・・・美しすぎる歌声・・・もう一回聴きたいし、当時にいけるのであればこの作品観たい・・・!

2人だけのデュエットはこの曲とアンコールのOver the Rainbowだけだったな・・・もっといろいろやってほしかった・・・

 

とはいえ、井上芳雄&島田めぐみという日本のミュージカルスターも出てましたしね。さして2人に興味のない私でしたが特に井上氏はMCもやられてて大変だったと思いますが、2人ともブロードウェイスターとの共演が楽しい!うれしい!っていう感じが見えて素敵でした。井上氏はオープニングのキャバレー「willkommen」がよかった。というか、オープニングにあの曲っていう演出が最高でした。(脳内にはアラン・カミングがいた)

 

井上氏が「また来年も出来ますように!」って言ってたけど、本当に楽しくて、最高のコンサートだったのでぜひ来年もやってほしいです。毎年、出演者を変えながらいろんなミュージカルシーンを見せてほしいのでWOWOWさん、がんばってください!加入しつづけますので!w

 

*1:WOWOW会員先行で外れるもぴあ先行であっさりとれた。

*2:撮影でNYにいるとのこと。会場来てないかな~とソワソワしてただけに残念。

*3:でも本当は全部英語でよかった。良かれとやってくれてるのはわかるけど割りと萎えるタイプ。そのままでいい。