すきなものばかり

すきなもののことを書いてます。NY、Broadway、海外ドラマ、大作映画とか、とか。

2017年24本目~32本目

夏以降、観た映画。感想をちゃんと書こうと思って下書きはあったりするんだけどTwitterで気持ちを吐き出すと満足してしまう…。大して本数観てるわけでもないけど、感想書いたものも列挙していきます。観た順はもはや適当です。

 

24本目:ジョジョの奇妙な冒険

試写で。原作は読まずに観たので普通に見れたけど、長くて途中飽きてしまった…。話題のスタンド、仗助のはカッコいいとは思えないけど虹村兄のバッドカンパニーはグっときた。漫画はどうなってるのかしらと思って読んだのですが、漫画のがいいね。あのビジュアルや色は2次元のものだ。

 

25本目:スパイダーマン ホームカミング

これは欲望をツラツラと書きつらねました。先日の飛行機で吹き替え版を観ましたがこちらもなかなか良いものの、トム・ホランドの落ち着きのないしゃべり方が好きなので字幕派です。英語もっと分かるようになりたい。

megmientus.hatenadiary.jp

 

26本目:ベイビードライバー

飛行機で再度みましたが、次にどんなことが起こってどんな曲がかかるかをある程度理解してるので「くるぞ、くるぞ…きたーーーー!」という、2回目ならではの楽しみ方ができました。映画館でみるのもいいけど、イヤフォン・ヘッドフォンで音に没頭しながら観るのもいいかな、と思いました。飛行機なので全くもっていい音響ではないですが、イヤフォンで聴く冒頭はとてもよかった。ベイビー気分!

megmientus.hatenadiary.jp

 

27本目:ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

大好きトム・クルーズ。うーん…ミイラというよりゾンビだし、一回寝ただけの女性と云々っていうのももはや飽きてきてるし。ラッセル・クロウのジキル/ハイドっぷりは楽しんだけど…。いちばんの見どころは、全裸でビックリトムクル起き(息を吸いながらブワッと起きるやつ)のシーンかな…。

 

28本目:ワンダーウーマン

DC映画=実際の画面も暗ければ、キャラクターの性格も暗い、というイメージを持ってしまっていますが、いやぁ。気持ちいいくらいにまっすぐなガル・ガドットワンダーウーマンと、それに寄りそうクリス・パインのスティーブがとてもよかった。気に入りすぎて2回見た(2DとIMAX3D)わたしはスティーブは死んでいないと信じてる。アマゾン族の300さながらのビーチでの戦闘シーンにはテンションあがりました。ロビン・ライトのアンティオピ、かっこよかったなぁ…。シールド!って盾を踏み台にしてジャンプしながら3本の矢を射るお姿の美しさったら。私の心を射抜いていきましたよ…。そのあと、スティーブとダイアナがそれを再現したのも最高にグッときた。でもクライマックスは夜なのでやっぱり暗いし、敵のルーピン先生の最終形態が超ダサいし、ルーピン先生…ってなってしまう。

 

29本目:ダンケルク

試写で普通の2D、公開後に品川のIMAXで観ました。1回目は「なんかすごいものを観た気がするんだけど、なんて言ったらいいのかわからない!ただこれはただの戦争映画じゃないし、ノーランや配給会社がひたすら”映像体験”と言ってるのは本当だ。これは”鑑賞”ではなく、”体験”だ。あとトム・ハーディずるい。ノーラン、トムハのこと好きすぎ」と思いました。2回目、それぞれのキャラクターに秘められたドラマを感じて3つの時間軸が交差した「Home…」以降、涙腺決壊。もう1回みたいくらいで、NY旅行の時に70mm IMAXで観たいと思ったのですが、残念ながら上映終了してしまい、鑑賞叶わず。ちなみに推しは空組です。ジャック・ロウデンにハマった。Go!Farrier!Go!

 

30本目:デスノートNetflixオリジナル)

大好きデスノート。これはもはや、別物。名前を書くと死ぬ、死神が出てくる、という設定とライト・Lという名前を使用しただけの別物でした。デスノートの見どころはライトとLの心理的な追い詰め合いだと思うのですが、物理的に追い詰めてたのでコレジャナイ感がすごい。別物です。

 

31本目:ELLE

予告編とアカデミー賞で美しかったイザベル・ユペールにひかれて鑑賞。レイプ犯を自力で探すだけの映画かと思ってみたら全然違った。全員エゴ丸出しで、フランス人ってこんななの?こんな環境で暮らせない、と思いながら観てたけど、そのうち、これくらい図太く、強くなければ女は自分の幸せを掴めないのでは??と思うようになってた、不思議。全員ぶっとびすぎてて、頼りない自分の夫(主人公の息子。マザコン気味だけど、主人公も子離れできてない)を怒鳴りつけられるくらい強いけど子供は違う男の子、っていう女がいちばんまともに見えてくるよ、不思議。

 

32本目:ドリーム

邦題で物議をかもしてた作品。少しだけ早く飛行機で観れました。ドリームでもマッチしてるし、アポロ計画にもつながってるから合っているといえば、合っている。息をするように差別があるなかで生きる3人には胸が熱くなりました。もう1回見て、ちゃんと言葉にしてまとめたいです。