すきなものばかり

すきなもののことを書きます。NY、Broadway、海外ドラマ、大作映画が中心になる予定。そんな難しいことは書けないし、記事は常に進化してます(加筆修正よくする)

最近好きなマンガ【ハイキュー!!(作:古舘春一)】

大人気少年マンガに、今更ハマりました。週間少年ジャンプで連載中のハイキュー!!です。

 

www.j-haikyu.com

  

このGW、各電子書籍サイトで6巻まで無料という、大盤振る舞いがされていたので試しに読んでみたら、めっちゃおもしろい!!!現在26巻まで出ていますが、今まで読んでいなかったことを後悔しています…クソ-。

 

トーリー

独りじゃだめだ、独りじゃ勝てない。

ふとしたきっかけでバレーボールに魅せられた少年、日向翔陽。部員がいない逆風にも負けず、やっとの思いで出場した中学最初で最後の公式戦で、日向のチームは「コート上の王様」と異名を取る天才プレイヤー、影山飛雄に惨敗。

リベンジを誓い烏野高校バレー部の門を叩いた日向だが、何とそこにはにっくきライバル、影山の姿が…!?

ボールを落としてはいけない、持ってもいけない、3度のボレーで攻撃へと”繋ぐ”スポーツ、バレーボール。だからこそ、少年たちはぶつかり合いながらもたった一つのボールを繋ぐ。繋いだ先に見える景色を目指して、少年たちはコート駆ける!!

青春のヒリヒリもイライラもワクワクも詰め込んで、熱血青春バレーボール物語、いざ開幕!!!(公式サイトより引用)

 

宮城県の男子高校生たちの青春スポーツ漫画なのですが、いろんな男子たちが出ていて、女子人気が高いのも頷けます。底抜けにポジティブな名前のごとく太陽に向かって跳んでいきそうな日向、その日向をセッターとして抜群の才能と努力によりチームの要となっていく影山(影・日向で対になってる!)、それを取り巻く個性豊かなチームメイトとライバルたち…そりゃ妄想も捗るわ。

 

http://livedoor.blogimg.jp/jin115/imgs/f/2/f25b05c1.jpg

 

わたしが小学生のとき、スラムダンクがめちゃくちゃ流行り、ミッチーがいい、流川がいい、仙道がいい、水戸がいい…*1なんてクラスみんなで盛り上がって、カードダス*2を買ったりガチャをやったりしてました。そのときのことを思い出しました。なつかしい。初めてのBL同人に触れたのもスラムダンクでした…*3

 

8巻の青葉城西高校との試合まで読み終わりましたが、今のところ好きなキャラは烏野キャプテンの澤村大地!

 

f:id:megmientus:20170506150415j:plain

 

レシーブが上手く、堅実なプレーをするタイプの彼。主将としてチームを支えている頼もしく、なかなか喰えないキャラ…というところとキャラデザにグッときてます。キャラデザ大事。全体的にかわいい絵柄なのも女子人気の高さの一因だと思う!

 

元々、中垣内がスーパーエースだった時代から加藤陽一朝日健太郎西村晃一*4が女子人気を爆発させていた時代にバレーにどハマりし、地方から東京体育館まで観戦にも行っていた程度にバレーファンだったのですが、その頃からレシーブが上手い人が好きで、青山(全日本レフト)、西村(全日本初代リベロ)の大ファンでした。だから澤村のこと好きになるのは必然なのです…!

 

matome.naver.jp

これはいいまとめ

 

バレーは”繋ぐ”スポーツだし、マンガ内にもあったけれど、やっぱりいちばん盛り上がるのはラリーが続いてるとき!男子は特にサービスやスパイクが速く・重いからそれを拾い、繋げていくプレーはやっぱり興奮する!その要となってる澤村くんの存在は重要だし、やっぱり、好き…!

 

副主将の菅原くんや、他校だと及川くんかな…ええ、セッターも好きですよ…!スーパーエースより周りを支える人のが好きかも。まだこれから活躍しそうな月島くんもいいかなぁ…

 

f:id:megmientus:20170506152328j:plain f:id:megmientus:20170506152334j:plain f:id:megmientus:20170506152331j:plain

及川くんはこの表情よりテヘペロな感じの方がよい

 

キャラのよさもさることながら、ストーリーもとても良い!作者がバレー経験者ということもあり、分かりやすいルール説明と共に、現実的なプレーとファンタジーなプレーの両方が臨場感たっぷりで描かれているので夢中で読みすすめてしまいます。おかげで寝不足…。試合を観戦している及川ファンの女の子や、素人の顧問の先生に詳しい人(鵜飼コーチやOB・町内会チームの面々)が説明している、という進め方だから分かりやすいんだろうな。インターハイだけじゃなくて、春高という高校生バレーの祭典(と、私は思っている。ここで未来のスター選手探しをしてた)が現実と同じように出てくるものいい。日向のバレーを始めるきっかけも春高だもんね。春高は偉大だ。

 

まだ8巻までのわたしは、先が長いですが、しばらく楽しませてもらえそうです。

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------

*1:全部わたしのこと

*2:まだあるのかしら、と思ってしらべたらあった。https://sec.carddass.com/club/

*3:友達に見せられた。何も知らずに番外編と思って読んだら花道と流川や、仙道と流川がアレしててビックリした。流川の受け率の高さ

*4:加藤は後進育成、西村はビーチバレー現役(妻は菅山かおるかおる姫)とバレー界で生きてるけど、朝日だけなぜか政治家になろうとしている。駅前で選挙活動をしているのに遭遇してなんともいえない気持ちになった。