すきなものばかり

すきなもののことを書いてます。NY、Broadway、海外ドラマ、大作映画とか、とか。

NYひとりたび Season3

NYが好きです。

2014年に、30歳記念に初めてひとりで行って、まんまとドはまりして以来、3年連続で行ってます。ブロードウェイミュージカルに、お買い物に、食べ歩きに…。こんなにハマるんだったら、もっと早くにNYに行ってればよかった、と悔やんでるけれど、滞在費や物価を考えると、大人になったからこそ楽しめてるとも思うわけです。

 

2016年夏は、ボーナスがいつもより多かったのでパァっとやってきました。単にどこか行きたかったのもあるし、ミュージカル:Les Miserableが9月でクローズしてしまうこと、お気に入りくん(いくつか前の記事で書いたAndy Mientusくん)が出ていない時期に行くのもやってみたかったので決行。*1

 

何泊にしようかしら、最低5泊だな…と思いながらホテルを探してるうちに、せっかくボーナス多かったし、1泊くらい増やすか、という気分になり6泊8日の、私の海外旅行経歴で最長の旅となりました。

 

さらに、ボーナスマジックは続き、ケチってデルタを使うくせに*2変に欲が出て往復ともにコンフォートプラス(他社でいうプレミアムエコノミー)にしたりして、どんどんお金を使っていくのです。ばか。

 

旅の記録については海外ドラマにならって、1回目はSeason1、2回目はSeason2と名づけて記録しているので3回目の今回も【NYひとりたび Season3】と名づけて記録を始めたいと思います。

*1:Andyくんが出てるときに行くとそればっかりみることになるから他を観る余裕がない。

*2:けれどよくよく調べるとANAJALと大差ない金額だったりもする

2017年1本目【ダーティー・グランパ】

映画好きの友達には

「大作ばっか観てる割に、スターウォーズ全部見てないのに映画好きっていうな!ミニシアター系も観ろ!」といわれているミーハーな私ですがそんなことは気にせず、今年も好きなものだけ観ていきます2017。

 

さて、2017年1本目は、ロバート・デ・ニーロザック・エフロン

【ダーティー・グランパ(原題:Dirty Grandpa)】

 


映画『ダーティ・グランパ』予告編

 

デニーロ演じるおじいちゃん・ディックが、妻の葬式翌日からザック演じる孫・ジェイソンを連れて旅をし、その道中でもすったもんだコメディ。

 

いやあ、R15だけある。デニーロが5分に1回くらいFワードを言っている!w「マイ・インターン」で見せた出来た人物像とは正反対!

けれど、孫思いな一面にはホロリとさせ・・・なのにラストは、結局それかよ!!!!そしてそうなるのかよ!!!おじいちゃんよ!!!!って爆笑で突っ込んで終わりました。っていうか、役名もアレだよね…w

仕事始めの週末の仕事終わりに、気楽に観れたので新年一発目によかったといえば、よかったのかもしれない。

 

歌ってるザック*1や、肉体美ザックが観れるのも個人的にはニンマリ。最近コメディづいてるよね。シリアス系そろそろどうですか。

 

f:id:megmientus:20170127113827j:plain

バッキバキ

f:id:megmientus:20170127114246j:plain

劇中では前はギリギリ感満載、後ろはプリプリ感満載

 

私が見れてうれしかったもう1人が、ザックの婚約者役のジュリアン・ハフ

 

f:id:megmientus:20170127114241j:plain

 

彼女はお兄さんのデレク・ハフと共にとんでもないパフォーマンスを*2よくしてくれているのですが、彼女のドヤァ!とした見せ場が今作にもあってとてもとてもうれしかったです。でも、彼女・妻としては若干うっとうしい…

 

f:id:megmientus:20170127114239j:plain
この髪型マネしたいけど絶対似合わない…

 

 シリアスどうですか…と言いながらも、ザック主演で同時期にDVDが出た「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行(原題:Mike and Dave Need Wedding Dates)」も面白そうなので、近々観たいと思っています。「ダーティ・グランパ」でも超面白かったオーブリー・プラザに「ピッチ・パーフェクト」のアナ・ケンドリックにアダム・ディヴァインが出てるよー楽しさしか見出せないよーーー!

 


『ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行』2017.1.6 DVDリリース/2016.12.21 先行デジタル配信

 

*1:歌声は別の人だけど

*2:

www.youtube.com

julianne hough derek hough で検索するとたくさん観れます

2016年観た映画

【映画館で観た映画】

2016年は36本。

2015年が20本だったので、増やすことができたけど、

本当は週1本は観に行きたかった…!

 

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

ブラック・スキャンダル

オデッセイ

キャロル

リリーのすべて

マネー・ショート 華麗なる大逆転

これが私の人生設計

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

砂上の法廷

ルーム

スポットライト

グランドフィナーレ

レヴェナント:蘇りし者

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

ズートピア

ヘイル、シーザー!

マクベス

デッドプール

マネー・モンスター

ブルックリン

教授のおかしな妄想殺人

シン・ゴジラ

ゴースト・バスターズ

ハドソン川の奇跡

君の名は。

スーサイド・スクワッド

怒り

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(3回観た)

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

疾風ロンド

ローグ・ワン

ドント・ブリーズ

アイ・イン・ザ・スカイ

ソーセージ・パーティー

 

BEST5は

1.スポットライト

   信仰、倫理、信念…人間の葛藤とプロの仕事を見せられて鳥肌モノ。

   ブライアン・ダーシー・ジェームスが出てるのも個人的にはうれしい。

  

2.ファンタスティック・ビースト

   待望のハリポタ新シリーズ!

   2時間13分ずっと楽しくて、3回も見てしまった…!

   エディはとにかくニュート!彼こそニュート!

 

3.ズートピア

   ホント、よくできた話だと思う。

   思ってても言えないことを、カワイイ画でガツンと言ってくる。

   何かとハラスメントする全おっさん見ろ!いいから、見ろ!

 

4.ブルックリン

   私も地元を離れた場所で伴侶を見つけ、

   定住することを選んだ人間なので共感ポイントが多すぎた。

 

5.これが私の人生設計

   男社会で働いてる身として元気づけられた。

   仕事がうまくいかないときに見たい作品リスト入り!

 

女性が強く生きる映画に胸打たれがちでした。

 

「ドント・ブリーズ」は普段見ないジャンルだけど

TVで紹介されてたのを見て気になってたし、Twitterでも騒がれていたので

勇気を出して観に行ってみたら…めっちゃおもしろかった!

 

ガッカリ映画は、順不同で

スーサイド・スクワッド(予告編で期待しすぎた)

ジャック・リーチャー(前作もダメだった)

マクベス(私には重すぎた)

バットマンvsスーパーマン(暗い、長い)

マネー・ショート(私には難しすぎた)

 

 

【TV/VODで観た映画】

WOWOWNetflixで観てます。

そんな増やせなかった…。

メイズランナーが思ってたより面白かったのが収穫!

3が楽しみ。

 

BAD MOMS

X-ミッション

JOY ※日本未公開。飛行機で。

The Boss ※日本未公開。飛行機で。

Sisters ※日本未公開。飛行機で。

Hello,My name is Dris ※日本未公開。飛行機で。

シンデレラ(2015)

ザ・ファーム/法律事務所

あなたは私の婿になる

インサイドヘッド

イン・トゥ・ザ・ウッズ

メイズ・ランナー

メイズ・ランナー2

リトル・ミス・サンシャイン

パレードへようこそ

フィリップ、君を愛してる!

 

2017年は、めざせ新作50本!

 

NYでSpring Awakeningのリバイバルを観てきた

2015年末にNYのブロードウェイでミュージカルを見てきました。お気に入りの俳優・Andy Mientus(アンディ・ミエンタス)が、【Deaf West's Spring Awakening】 に出演していて、どうしても観たかったからです。

f:id:megmientus:20160116095819j:plain

 

オリジナルの【Spring Awakening】は、2006年に今をときめくリア・ミシェルとジョナサン・グロフ主演で開幕しトニー賞受賞。日本でも「春のめざめ」という邦題で劇団四季が上演した超有名作。

この作品を、LAのDeaf West Theaterという聴覚障害者による劇団が2015年、リバイバル。 アメリカ式手話(ASL)と英語で上演され、アンディのパートナーでもあるMicheal Arden(マイケル・アーデン)が総指揮で、2016年1月24日まで上演。(2017年にはUSツアーにでるそう)*1

 


Deaf West's Spring Awakening on Broadway

 

アンディは、リア&ジョナグロのオリジナル版上演後のUSツアーに出演しており、今回もそのときと同じハンシェン役で出演しています。 共演には、私がアンディを知った海外ドラマ「SMASH」で共演していた クリスタ・ロドリゲスや、gleeでエマ先生の姪っ子を演じたアリ・ストローカーもいます。 

 

当初、12/25の夜公演のみ行く予定で1枚チケットを取っただけだったのですが、 いざ見たらとてつもなく気に入ってしまったので、 翌日からはtktsに通って滞在中、毎日観てきました。(合計4公演)何がいいって、熱が凄かったのです!

 

内容が19世紀の閉鎖的な世界で、思春期の男女の性の葛藤を描いているものということもあると思いますが、手話で表現されたことによって、さらに熱が帯びてるように感じられたのです。 そして、それは、聴覚障害者のキャストたちのほうがより熱が感じられるのです。 これは、非聴覚障害者である私のナナメな感想かもしれませんが、本当にそう感じたのです。 表情と手話、その他の動きでしか彼らは表現をすることができません。 その表情が、手話が、キラキラしたり、苦悶したりするので目が離せませんでした。

  

特に、WendlaとMoritzがすごい。この2人はメインは聴覚障害者が演じ、声を影武者のような感じで演じるキャストもいる、2人1役形式で演じられています。たまに2人で意思疎通をしています(心の声的な感じ)こんな感じです↓

 

f:id:megmientus:20160115233124j:plain

  

白い衣装がメインWendla(Sandra Mae Frank)で、手話で演技。ギター持ってるほうがVoice of Wendla(Katie Boeck)で台詞と歌を受け持ち、時に、メインWendlaと意思疎通してます。Voice of~のほうが、メインのほうの、心の声・内にいる自分として表現されている…といえば分かりやすいかな。他に2名で演じられているのは、Moritz、Ernst、Martha、Otto、Moriz父、Melchior母。MorizとErnstはWendlaのように、Voice of 自分とのやり取りが見られます。それによって彼らの心情もとても分かりやすかったです。

 

Voice of~のキャストも素晴らしい歌声を披露してくれますが、私がぐっと来たのはメインの手話で演じるキャストたち。Wendlaは純真無垢で、可憐で透明感のある演技がとても魅力的だったし、Moritzは思春期特有の葛藤と、落第に対して苦悩する様に胸を打たれました。

Moritzがメインになる曲はアップテンポが多いのですが、見事に手話で歌ってました。そう、手話で歌ってるんです。本当に歌ってるように、感情が手話で表現されてるのです。難しそうに感じる曲の出だしとかどうしてるのかと思ったら、公式にその様子がアップされていました。

 


How To Make A Musical For The Deaf

 

振り付けの中に合図が組み込まれています。手紙を渡す等の仕草が合図にされていることもあれば、肩や足をトントンっと叩くのも合図になっています。3回目の鑑賞から余裕ができたので、じっくり観たらその様子が良くわかりました。タイミングバッチリ。緻密に作られています。その様子には、最初から最後まで、開いた口がふさがらない。ディレクターとコレオグラファーのセンス、尊敬です。もちろん、キャストたちが重ねたリハと本番にも。

 

そして、お気に入りのアンディ。彼はHänschenという、ゲイで、頭がよく余裕があって、他のクラスメートよりも大人びたキャラ。(でいいよね…?ヒアリング完全じゃないし、日本版も見てないから不安)My Junkのシーンはやらしくなく、コミカルで爆笑「One Minute…!」がかわいかった。girlsたちの手とハンシェンの手、それぞれで手話をやる演出も見事!

 

f:id:megmientus:20160116100910j:plain

 

そして、Ernstとのシーンがとにかく、かわいい!アンディもErnst役のジョシュアともにビジュアルがかわいいのもあってとにかくキュンキュン。

 

f:id:megmientus:20160116100420j:plain


Ernstの声とHänschenがやり取りするシーンもあってこれもまた笑える。「You can't be sirious」のHanschenの表情ったら!ピアノの上で2人で語らうのですが、恥らい、戸惑うErnstを終始HänschenがSっ気出しながらリード。そしてキス…これがたまらなく…色っぽく見える。ディレクターとアンディがパートナー関係というのもあり、いろいろ想像してしまって、すっごくドキドキした。そして凝視!4回ともキスシーンは凝視してしまいました…

 

f:id:megmientus:20160116100322j:plain

 

アンディ、レミゼでの箱入り感満載の無邪気なマリウスお坊ちゃまもよかったけど今回のちょっとコミカルでシリアスもあるの、とってもよかった。またファン増えるね…

ジョシュアは最後の日の最後に会えたのですがテンション高くずっと話してて(彼も聴覚障害者ですが、割と普通に話す)Ernstがそのまま出てきたような感じで、これは彼にとって適役だったんだろうなぁ。とにかくキュート!

 

f:id:megmientus:20160116101425j:plain

 

そして、肝心の主役のMelchiorは、非聴覚障害者のAustinが演じてますが、賢くナイーブな思春期青年を、同じくナイーブそうな(そこが日本でモテそうな)ビジュアルのAustinがやってるのがとてもツボでした。

 

f:id:megmientus:20160116101457j:plain

 

SDには、メガネをかけてポヤっとした感じで出てて、物静かにボソボソしゃべるのでますますツボ!ステキな歌声をしていたのでこれからが楽しみだな~。彼は飛び抜けて手話がなめらかだったのですが、元々は手話通訳士としてこのカンパニーに入ろうとしてたようです。そりやなめらかなわけだわ…。

 

f:id:megmientus:20160115235950j:plain

SDでのAustin。ひとしきりサイン終わった後、すぐ近くのデリで普通に食事してたのを見かけたけどまさかいると思わなかったからびっくり。だって劇場と同じブロックの店!


そんな彼は今作がBWデビューだそうですが、生徒役の人たちは彼以外もほとんとがデビュー組。そういったところも、熱が感じられた理由かもしれないです。Touch meなんて、もう鳥ハダものです。(これは向こうのTV番組でやったものです)

 


Spring Awakening Cast Perform Touch Me Late Night with Seth Meyers

 

2017年にUSツアーをするそうですが、その勢いで来日公演してほしいです。もちろん、ぜひこのキャストで!生徒たちはこのキャストで来て欲しいし、きてくれたら連日通う…それくらい、このカンパニーのこの作品にどっぷりハマってしまいました…

ああ、もう一回みたいよーーー!!!来日してー!*2

 

*1:2017年10月現在その情報は全くないです。

*2:再度になりますが2017年ツアーの情報はゼロです…

2015年見た映画

▽2015年見た劇場で見た映画

ゴーンガール

6歳のボクが大人になるまで

ジャッジ

博士と彼女のセオリー

ナイト・ミュージアム エジプト王の秘密

バードマン

セッション

進撃の巨人(前編、ジャパンプレミア)

ジョン・ウィック

MAD MAX 怒りのデス・ロード(通常・立川・豊洲4DX)

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

ミッションインポッシブル ローグネイション(ジャパンプレミア、豊洲4DX)

Ted2

キングスマン(通常2回)

ピッチ・パーフェクト2

007/SPECTRE

クリード チャンプを継ぐ男(試写会)

 

▽2015年TV/VODで見た映画

マイ・インターン(飛行機)

ピッチ・パーフェクト

マジックマイク

マジックマイクXXL(飛行機)

進撃の巨人 エンド・オブ・ザ・ワールド(飛行機)

チャーリー・モルデカイ

コードネームU.N.C.L.E(飛行機)

SPY(飛行機)

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

キックアス

キックアス ジャスティスフォーエバー

モンスター上司

バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!